企業型DCが導入される際に調べるべきこと

確定拠出年金の波が実生活に到来 年々加入する事業者が増えている「企業型確定拠出年金(DC)」の波が、ついに私にも到来しました。私の所属する企業でも導入が決定し、その準備が着々と進んでいます。 導入する企業が増えていると言 …

円貨決済と外貨決済では6倍以上の為替手数料差

円貨決済と外貨決済 アメリカ株など海外の株を注文する際の決済方法として、SBI証券など大手の証券会社では円貨決済と外貨決済が選べることが多いです。しかしよく考えてから選択することをお勧めします。 SBI証券の場合、この記 …

米国株と欧州株を買うならサクソバンク証券が有力な選択肢

海外株の新たな選択肢が登場 デンマーク系の証券会社であるサクソバンク証券が海外株の取り扱いの開始を発表しています。サービス内容が素晴らしく、投資用に開設すべき証券会社の有力候補に十分なるポテンシャルを秘めています。 サク …

株式投資を始めたい初心者が知っておくべき基礎知識

まず初めの取っ掛かりを語る 「株式投資をしてみたいけれど、どういった情報から調べたらいいのか分からない」という声を、多くの株に興味を持った方から聞きます。自分から興味を持たなければ知る機会のない分野ですから当たり前です。 …

投資家が知っておくべき「感応度逓減性」という現象

人の不思議な心理を把握する 感応度逓減性という言葉を知っているでしょうか。かんのうどていげんせい、と読みます。これは人の心の動きを説明したようであり、投資をする上で知っておいたほうが良い知識です。 簡単に説明すると、人は …

株主還元を要求するせいで企業が投資を避けるという誤解

株主還元を抑制させたい上院議員 アメリカ株の醍醐味の一つに、連続増配により徐々に高まっていく高い配当利回りがあります。例えばドーバー(DOV)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)は連続増配年数が60年を超えています。 …

テクニカル分析で株価は予測できないが、信じている人から予測は出来る

分析手法としては信用できない ファンダメンタル分析とテクニカル分析は株式投資やFXなどの分野で双璧を成す分析手法です。性質的に全ての投資家はこのどちらかの分析手法を用いています。 対象の値動きや出来高などの情報からその後 …

誰でもできる良い個別銘柄の選び方

どのような人に向けた記事か 個別株に手を出してみようと思ったけれど、どうやって銘柄を選んだらいいのか分からない方が対象です。投資に絶対はないので、この記事に書いてある選び方で成功するとは言い切れませんが、読まないよりは間 …

ファンダメンタル分析かテクニカル分析かは保有期間で決めるべき

どちらの分析手法を選ぶべきか 株式投資で利益を上げるためには良い銘柄を選定することが不可欠です。そしてそのためにはファンダメンタル分析とテクニカル分析の2種類の方法があります。 ファンダメンタル分析とは、企業の業績の傾向 …