「スター・ウォーズ」が今年の危険なパスワード順位で大躍進

投稿日:2017年12月23日 更新日:

スター・ウォーズが危険なパスワードに大躍進

今年2017年の「危ないパスワードリスト」が公開された。

このリストは調査会社SplashDataが毎年公開している”設定するべきではないパスワード”のリストであり、リストに掲載されているパスワードを使用していた場合はIDの盗難などに遭遇するリスクが非常に高いことを意味するものである。

さてこのリストはどうやら今年で第7回目となる発表らしい。CISIONによれば今年流出したパスワードは500万件を超えており、危険なパスワードには「starwars」が16位にランクインする躍進を遂げている。

SplashDataのCEOであるMorgan Slainは「ハッカーたちはポップカルチャーやスポーツでの頻出用語をハッキングに使用する。多くの人々が覚えやすい単語として利用することを知っているからだ」と伝えている。

不幸なことに、最新エピソードの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はフランチャイズにとっては素晴らしいが、”starwars”はパスワードとして危険だ。

2017年版、危険なパスワード

()内は昨年度からの変化

  1. 123456 (=)
  2. password (=)
  3. 12345678 (↑1)
  4. qwerty (↑2)
  5. 12345 (↓2)
  6. 123456789 (New)
  7. letmein (New)
  8. 1234567 (=)
  9. football (↓4)
  10. iloveyou (New)
  11. admin (↑4)
  12. welcome (=)
  13. monkey (New)
  14. login (↓3)
  15. abc123 (↓1)
  16. starwars (New)
  17. 123123 (New)
  18. dragon (↑1)
  19. passw0rd (↓1)
  20. master (↑1)
  21. hello (New)
  22. freedom (New)
  23. whatever (New)
  24. qazwsx (New)
  25. trustno1 (New)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-オピニオン
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事