PasonomiのBluetoothイヤホン、両耳のペアリングが壊れてしまったときの対処法

2018年6月9日

対象製品

完全なワイヤレス、いわゆるトゥルーワイヤレスと言われるタイプのBluetoothイヤホンを購入しました。購入したのはAmazonで人気の”TWS-X9“というイヤホンです。

謎のデバイスメーカー”Pasonomi“社の製品です。実際には外側だけPasonomiで、製品自体は別会社の製品をライセンス契約して販売しているようなので、”iKanzi“が販売しているものも本記事に記載する方法が有効だと思います。

ご存じない方のために感想を言うとなかなか快適です。耳への装着感も悪くなく、iPhoneなどAACコーデック対応端末で使用すれば音質も外という使用環境では十分です。

完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0 IPX7防水 AAC対応 最大72時間再生 自動ペアリング Pasonomi TWS-X9

created by Rinker

片耳しかペアリングできなくなった

購入してから特に不都合もなく、説明書通りにスマホやタブレットと連携して音楽再生を楽しめていました。しかし、ある日急にケースから取り出してみると片側のイヤホンからしか音声が再生されない

反対側が壊れたのかと思いましたが、電源は普通に入る。

ごちゃごちゃタップを繰り返していると分かったのですが、どうやら右耳と左耳のTWS-X9自体の認識が上手くいかなくなってしまった様子。右耳と左耳の両方でペアリングを試してみると、スマホ側からは両方が別々の機器として認識されている状態に。

片耳しか使わない人は、急にデバイスが分裂して2倍になってお得かもしれませんが、ちょっと困る。そこでサポートに問い合わせを行ってみました。

Pasonomi社のサポートは対応が早い

以下がサポートに送った文面です。

Amazonから商品到着後、
説明書通りにペアリングが完了し両耳から音が聞こえました。

しかし、その後に一度充電ケースへと戻した後に
再び使用しようとすると、片耳からしか音が聞こえなくなりました。

ペアリングを解除してから再度登録を試みても同じ症状となります。

また、iPad上でペアリング可能な機器の一覧を見るとX9が2つ表示されており、どうやら右耳と左耳が別々に認識されるようになってしまったようで、片方に接続するともう片方からは切断されるようになっています。

両耳同時にペアリングできるようにする方法を教えてください。
それが難しいのであれば、返品を希望します。

海外の会社のような雰囲気の為、サポートの対応は期待していなかったのですが良い意味で裏切られました。少しばかり片言ながらも意味の通じる返信が翌日には届き、試して欲しいという対処法が記載されていました。

ペアリングの治し方

結論から言って、サポートから教えてもらった対処法で治りました。

なのでその時の対処法を書き残します。

  1. 両耳をケースに収納した状態で、両耳のタッチセンサーを短く3回タップし、赤く2回点灯させる。
  2. 両耳をケースから取り出し、両耳のタッチセンサーを5秒ほど長押しし、赤と青の交互に点灯させる。
  3. 自動的に両耳の同期が行われるのを待つ。(なかなか同期されない時はイヤホンを近づけてみてください)

これで治りました。良かった。

余談

全然関係ないですが、ようやく真空断熱タンブラーを購入しました。

たっぷり600mlの飲み物が入るんですよ、これ。真空断熱なので中身の温度がほとんど変わりません。熱いの冷たいどちらの飲み物も入れて大丈夫なので、年中使えます。

飲み物が常温になりにくいというのは感動できます。が、その感動も使い始めだけで慣れてくると普通になってしまうのが贅沢な悩みですかね。