WSJの為にNewsPicksを購読するべき、単純にお得だから

2018年7月3日

今世紀最大のイキったメディア"NewsPicks“。

一部の中年男性や意識高い系以外からは圧倒的に不評のソーシャル経済メディア。

うーん、同意しかない。

確かに、各ニュースに付けられた誰とも知れぬおじさんらが得意げに残していくコメントは、正直言って痛々しい。

だがしかし!そんな上からな思いも傍から見れば同じく痛々しいのだという言説はこの際置いておいて、それでも僕はNewsPicksは有料会員となって購読するに値すると主張したい。

なぜNewsPicksを購読すべきか

ぶっちゃけ理由は一つしかない。

プレミアム会員特典が良いから、だ。それ以外に僕は価値を見出していない。

NewsPicksプレミアム
  • 人気特集読み放題
  • オリジナル動画見放題
  • WSJ日本版読み放題

さて問題です、この3つの特典の内で僕が価値を見出しているのはどれでしょう。

答えは「WSJ日本版読み放題」。

そもそもWSJって知ってます?The Wall Street Journal…カッチョエエ。

おじさん達のどうでも良いコメントは見る価値が無いけれど、WSJは見る価値があると思う。

WSJに価値を感じない人には残念ながらNewsPicksをお勧めする理由がないので帰っていただきたいが、WSJを購読するよりもNewsPicksを購読した方が単純に安い。

WSJの購読料金2,899円

WSJの購読申込ページ

記事を書いている時点でのWSJのキャンペーンを除いた1カ月の購読料金は2,899円(税抜)。

クオリティペーパーとしては普通の値段だとは思うが、昨今の大抵の情報が無料で見れる時代にこの価格はやや足踏みするかもしれない。

そこでもう少し安いところが無いかと探して見つけたのが、今回話題としたNewsPicks。

NewsPicksの購読料金1,500円

NewsPicksの料金プラン

通常プランなら月額1,500円、年間一括プランなら年額15,000円。WSJは月額2,899円。

WSJを普通に購読するよりめちゃめちゃお得、普通だと5カ月しか購読出来ないはずがNewsPicksを使えば1年間も購読できちゃう。

いやぁ、お得!

仕様も地味に便利、だぞっ

既に僕はプレミアム会員になって久しいのですが、使い勝手がいいのが「NewsPicksを経由しなくてもWSJがフルに見れる」ということ。

地味ですがこの便利さはいいですね。一般人のコメントを見ることなくWSJ公式サイトや公式アプリから直接ニュースを見ることが出来るんです。

定期的にNewsPicksからWSJを閲覧しないとアカウントの期限が切れてしまうのが玉に瑕ですが、頻度は高くないので許容範囲内。その辺りの仕様は公式Q&A「ウォール・ストリート・ジャーナルの記事が閲覧できなくなりました」に掲載されているとおり。

どうだろう、納得できたならプレミアム会員になってみたら?

ちなみに、私がWSJを見ている動機の大部分は株式投資の為です。