Damonge Tech

気になった話をする。

MacのFusion Driveの解除と再構成

iMacのOSクリーンインストールに失敗して酷い目にあった。

うちで使用していたiMac、1TBのFusion Driveを装備していたのだがmacOS High Sierraをクリーンインストールしようとしたところ、何度インストールを試みても失敗が続き工場出荷状態にも戻せない状態になってしまった。

その際に本来1つのドライブとして認識されるはずのFusion DriveがSSDとHDDの2つに認識されるようになるなどし、それを解決させたのでメモとして手順を残しておく。

クリーンインストール失敗の経緯

クリーンインストールの手順として、App Storeで最新のOSに更新した後、「command + R」を押しながら起動してディスクをフォーマット、OSの再インストールという標準的なロードマップを描いていた。バックアップは用意していない。

しかしディスクフォーマットの手順でミスをした。

おそらくクリーンインストールに失敗した一端となっているのが上記の行動。

フォーマットの形式として「Mac OS拡張」を選ぶ必要があったのだが、未対応の「APFS」を選択してしまいフォーマットに失敗した。(Appleの声明ではFusion Driveでも今後APFSに対応する予定がある)

失敗したとの通知がされたので、再度「Mac OS 拡張」としてフォーマットを試みる、成功。

OS再インストールの失敗

macOS High Sierraの再インストールを実行するが、何度やっても途中で「ストレージシステムを検証または修復できませんでした」と表示されインストールが失敗する。

ディスクユーティリティにて自己診断用の「First Aid」をすると、正常ならば結果コードが0となるはずのところ、1が返ってくる異常事態となっていた。

この結果コードの意味について調べてみたが8の場合は載っていても1の場合はよく分からなかった。

First Aidは本来は自動で修復まで行ってくれるのだが、今回の場合は修復作業に失敗していた。

ハードウェア不良でもない

急にストレージシステムがおかしくなった理由を絞り込むため、続いて物理故障の可能性を潰すことにした。

起動時に「command + D」を押すことで自動診断システムを立ち上げることができる。

自動診断に任せるままに異常を調査するが、全て正常であると診断された。

フォーマットや他の診断システムでは正常なのに、First Aidでのみ異常が検出されるという状況。よく分からないがなんとなくFusion Driveが悪い気がしてきた。

Fusion Driveを一度解除

もう後がないのでFusion Driveを解除することを決めた。

「command + R」で起動した後、メニューバーのユーティリティから「ターミナル」を起動することができる。

ターミナルにて下記コマンドを実行することで、現在認識されているストレージの一覧が出力される。(多分)

diskutil cs list

その一覧の中に「Logical Volume Group ○○○○○○○○」という文字列が比較的上の方に表示されているはず。(Logical Volume Familyというのも表示されるが間違えないように)

この○○というのがコンピュータの中でFusion Driveを識別している名前であり、これを破棄することでFusion Driveを構成していたSSDとHDDが別個に認識されるようになる。

下記のコマンドを実行してFusion Driveを解体する。

diskutil cs delete ○○○○○○

これでターミナルを終了し、ディスクユーティリティを確認するとFusion Driveは消え去り、代わりにAPPLE SSD ○○とAPPLE HDD ○○が表示されるようになっている。

Fusion Driveの再構成

ディスクユーティリティ上で、別個に表示されるようになったSSDとHDDのそれぞれを選択した状態で「情報」を確認する。

「BSD装置ノード」の値を控えておく。通常はdisk0とdisk1になっているようだ。

ディスクユーティリティを終了し、ターミナルを起動する。

下記のコマンドを実行しFusion Driveとして合体させるストレージを選ぶ。disk0とdisk1は先程確認した情報として読み替える。Macintosh HDの部分は好みの名前に変えて良い。

diskutil cs create "Macintosh HD" disk0 disk1

ボリュームとして再定義

ターミナルにて下記のコマンドを実行し、先程作成したFusion Driveのドライブを確認する。

diskutil cs list

NameがMacintosh HDとなっている「Logical Volume Group ○○○○」の○○○○を確認する。

下記コマンドを実行する。

diskutil cs createVolume ○○○○ jhfs+ "Macintosh HD" 100%

これでFusion Driveの再構成が完了した。

OSの再インストール

あとは「command + option + R」を押しながら起動することで、最新の互換性をもったOSを再インストールすることができる。

念のために説明すると「OSを再インストール」を選択すれば最新のOSのインストール案内に移動するはずだ。今回の場合はHigh Sierra。

この手順に至るまでに休日を1日潰してしまった。

でもバックアップは取らないよ!みくは自分を曲げないよ!

今回の手順はApple公式サポートページ個人ブログを大いに参考にした。

-それ以外