【RTN】銘柄分析:レイセオンは世界一のミサイル軍需企業

2019-02-16

※企業合併により独立した企業ではなくなったため、当時の決算データを掲載しています。

パトリオットミサイルで名高い企業

レイセオン(RTN)はミサイルの分野で世界トップクラスのメーカーとして名を連ねる企業です。トマホークミサイルやパトリオットミサイルを開発したことで知られており、主要顧客もアメリカ政府機関や軍隊という軍需産業に属しています。

事業セグメントとしてミサイルシステム、統合防衛システム、情報サービス、航空宇宙システムなどが存在しており、軍事機密に属するミサイル兵器や軍事レーダーを統合した国土安全保障、防衛や情報収集システムを提供しています。

ディフェンスニュース Top 100 – 2018年版

軍事専門誌ディフェンスニュースが年1回発行している売上高ランキングによれば、2018年では世界2位の軍事企業として名前を連ねており、軍事大国アメリカを支える一大企業であることが分かります。

その歴史は古く1922年の創業であり、第二次世界大戦ではマイクロ波レーダーの開発に関わり連合国の勝利に大きく貢献したと言われています。その際に後の電子レンジの原理が発見され、一時的には家電を扱っていたという小話もあります。

2013年に公開されたミサイル防衛システムのイメージ映像

現在は前述したようにミサイル技術とレーダー技術を中心にサイバー、ミサイル防衛、指揮システム、精密誘導機器、電子戦システムや軍事教導支援の分野を中心とした事業を展開しています。

軍事に関する企業という特性上、政治的な情勢に大きく環境が変わる企業です。国家の防衛に大きな影響力を持つ分野であることから、取引先はアメリカとその同盟国が中心です。

事業セグメント

統合防衛システム

ミサイル防衛、陸上/海上レーダー、それらに付随する指揮管制システムなど防衛に関する統合的な領域をカバーするセグメントです。アメリカ国防総省や同盟国が主要な顧客となっています。

パトリオットミサイルを主軸とした対空ミサイルシステム、早期警戒レーダーなどの監視システム、海上航空レーダーシステム、次世代兵器開発契約などが本セグメントに帰属しています。

インテリジェント

情報機関、防衛、商業など幅広い顧客層に対する専門技術サービスを提供するセグメントです。気象監視やcyberセキュリティ、航空交通管理システムなどITを用いたソリューションの提供を担っています。

ミサイルシステム

アメリカおよび同盟国の軍隊向けに、ミサイルと戦闘システムの設計開発などを行うセグメントです。高度な誘導システムやこう解像度センサー、極超音速システムや照準システムなど高度な兵器システムを扱っています。

陸海空の目標に対する攻撃管理システム、航空及びミサイル防衛迎撃システム、陸戦向けミサイルシステム、次世代ミサイル兵器研究の契約などがセグメントに帰属しています。

航空宇宙システム

高度な監視偵察システム、射撃統制レーダー、電子戦システム、線術通信システム、宇宙センサーなどを扱うセグメントです。

フォースポイント

ビジネス向け、政府機関向けのサーバーセキュリティ製品を扱うセグメントです。2019年に完全子会社化した事業セグメントであり、現時点では他セグメントに比べて小規模です。

企業データ

ティッカーRTN
企業名Raytheon Company
レイセオン・カンパニー
上場市場NYSE
時価総額約535.6憶ドル
予想PER14.84倍
PSR1.85倍
予想配当利回り1.96%

※2020.03.04時点のデータ

業績

軍需産業の業界であるため、基本的にその業績は世界情勢と政策に大きく左右されます。売上が落ち込んでいた時期もありますが、粗利益率と営業利益率は共に上昇傾向にあり営業CFも緩やかながら上昇トレンドを継続していると判断できます。

グラフからは読み取れませんが平均して販管費は7.5%、研究開発費は3%程度となっています。予想と異なり販管費が小さく感じます。参入障壁のある業界のためでしょうか。

長期投資を前提とする場合、営業CFが増加基調にあることを重視するべきです。

キャッシュフロー

営業CFマージンは回復基調にあります。いわゆるピカピカな企業は15%以上が目安とされていますが、RTNに関してはそこにはまだ到達していませんね。

フリーCFも同様に増加基調にあり評価できます。営業CFの伸びに対してここ数年は伸び率が劣後していますが、これは極超音速ミサイルや高出力レーザーなどの先進技術に対しての投資が増加しているためだと感じます。

配当

増配傾向が続いています。フリーCF配当性向も増加しつつあるため、このペースでの増配が今後も永続するとは思いません。しかしかといって直近で配当に対しての不安は感じません。

EPSと発行株式数

EPSは右肩上がりとなっています。発行株式も同様に減少しているため見た目ほどの成長率だとは考えてはいけませんが、増配と合わせて株主還元に積極的な姿勢は見て取れます。

ROEとROAとROIC

それぞれ資金効率の良さを表している指標です。目安としてROEは12%、ROAは10%、ROICは15%以上を安定していると非常に稼ぐ力のある企業だと考えています。

直近のバランスシート

ロシアや中国など軍事的な緊張に注視が必要な昨今、極超音速兵器の登場など従来のミサイル防衛が太刀打ちできなくなる時代が近づいています。そうした中で防衛的ミサイルを主力としたレイセオンがどのような舵を取るのか、高出力レーザーなど先進技術が実用化目前となっていることも含めて妙味があります。

また、まだまだ事業に占める割合は大きくないようですが軍事トレーニングも手掛けており、これについては兵士1人当たりの教育費用が右肩上がりの現代では平時における企業の成長を助ける分野となることを期待できるのではないでしょうか。