【TPR】銘柄分析:タペストリーはコーチなどブランドの集合体

2019年1月15日

皮革・アクセサリーの高級ブランド

タペストリー(TPR)は皮革製バッグやアクセサリー、靴などを扱うブランド企業です。コーチやケイト・スペード、スチュアートワイツマンといったブランドを保有していることで知られています。

会社の成り立ちは1941年に創業した皮革製品の工房で、女性向けにバッグを百貨店などで販売することでラグジュアリーブランドとしての地位を確立してきました。現在では直営店や百貨店への出店を含めると世界中で1,000店舗以上を展開しています。

元々はコーチという社名でしたが、2017年10月に社名を現在のタペストリーに変更しています。これは2015年に高級靴ブランドのスチュアート ワイツマン、2017年に同業ブランドのケイト・スペードを買収したことで、今後のブランド集合体としての企業戦略を反映する意図がありました。

コーチは高級ブランドに属してはいますが、アウトレットへの注力や値引きに頼りがちな傾向から一時期はブランドイメージが低下していました。現在はその戦略を見直し、値引き率の低下や採算性の悪い店舗の閉鎖やデザインの刷新に取り組んでいます。

ティーン層に絶大な人気のセレーナ・ゴメスとタイアップする戦略が功を奏している一方で、小売業界におけるアマゾン(AMZN)との戦いや値下げ攻勢をかける競合、出店している百貨店の客足の鈍化といった要素に注視する必要があります。

競合企業としてはカプリ・ホールディングス(CPRI)マイケル・コースが挙げられます。こちらもファッションブランドとして、マイケル・コースやヴェルサーチを傘下ブランドにバッグや時計やアパレルなどを手掛けています。

日本でも両者の製品を女子大生や若いOL世代が多く所有しており、ターゲット層が近いことが分かりますね。販売比率はアメリカが約50%、アメリカ外全体では約40%で、中国や香港などは約14%です。

セグメント

地域の分布

企業データ

ティッカーTPR
企業名Tapestry, Inc.
タペストリー
上場市場NYSE
時価総額約61.3憶ドル
予想PER8.52倍
PSR1.06倍
予想配当利回り6.08%

※2020.03.06時点のデータ

株価の推移

2014年にCEOを交代して様々な業務改善を行っていますが、前述したアマゾンやマイケル・コースとの戦いが嫌気された影響で、株価が30%下落しました。その後も2018年末の米中関係の悪化の影響を受けており、上値が重い状態が続いています。

値引き攻勢をかけていたマイケル・コースも大体同じような下落と上昇の形をとっています。しかしタペストリーが下落する状況でも、高級ブランドの中でもルイ・ヴィトンやロエベなどを擁するフランスのLVMHは目立った調整もなく右肩上がりを続けることがあるなど、絶対的なハイブランドとして確立できていない状況がボラリティを拡大する点を覚える必要がありそうです。

過去10年の業績

売上と利益

ブランド業界が苛烈な競争にあり、タペストリーは勝者とは言えない立場にあることが伝わってくるグラフに見えます。

売上高は下げ止まりし持ち直しつつあるようですが、営業利益率の下降が苦しいですね。売上高に占める販管費の比率は10年前に比べて約10%も上昇しています。同時に売上原価率も上昇しているため、二重に苦しい印象です。

キャッシュフロー

配当

配当を2009年に開始し、以降増配を続けていましたが2014年からは増配を停止しています。配当性向は一時持続不能なラインに突入していましたが、近年は安定傾向にあります。

持続可能な配当性向の目安として40%が語られることから、減配しないアメリカ企業的な頼もしさを感じます。

EPSと発行株式数

EPSは1株あたりの利益を表しており、右肩上がりであれば順調に成長を続ける企業とみなされます。ブランド再編ということもありパッとしないEPSとなっています。投資家からは優秀な皮革調達を持つコーチと買収を完了したケイト・スペードが結びつくシナジーを期待されており、それに対する回答が今後のEPSに現れるでしょう。

BPSは企業の手堅さ、企業の純資産の推移を表しています。右肩上がりである点が評価できると思います。

ROEとROAとROIC

ROEは株主資本に対する利益率、経営の効率が現れる指標です。目安として12%以上を維持していることが効率的な企業と言われています。タペストリーのROEは全体的には右肩下がりであり、目安を割り込むギリギリ、つまり正念場と言えます。

やはりかつてと比べると見劣りしてしまう資金効率となっています。ただ底打ちしたようにも見えるのが悩みどころです。

直近のバランスシート