ファンダメンタル分析かテクニカル分析かは保有期間で決めるべき

投稿日:

どちらの分析手法を選ぶべきか

株式投資で利益を上げるためには良い銘柄を選定することが不可欠です。そしてそのためにはファンダメンタル分析とテクニカル分析の2種類の方法があります。

ファンダメンタル分析とは、企業の業績の傾向や事業のパフォーマンスを中心に売買の判断を行うことです。一方でテクニカル分析とは需要と供給、つまり株価の値動きそのものや出来高などを中心に判断を行います。

どちらの分析手法を選択するべきでしょうか。その悩みへの回答を、それぞれの強みと弱みから書きます。

短期的にはテクニカル分析

ファンダメンタル分析の弱点

テクニカル分析を推奨する人の主張には、株価というのはその企業の業績だったり新商品という情報(ファンダメンタル)が既に織り込まれているというものがあります。

そしてその主張が意味しているのは、私たちのような普通の個人の投資家の耳に情報が下りてくる頃にはその情報には鮮度が無いということです。

噂程度であれ早期に私たちの耳に入ってくることもあり、織り込まれる前に行動できる可能性はあります。しかし噂話が真実である可能性は高いとは言えず、勝率という意味で役には立ちません。

テクニカル分析の強み

指摘されたファンダメンタル分析の弱点に対して、テクニカル分析が拠り所とする「チャートが全て」という考え方に納得できる点があります。

株価チャートというのは、いくらでどれだけの売買がされたかが個人投資家も機関投資家も関係なく克明に記されています。つまり情報を手に入れることが出来なくとも、いち早く手に入れた人々の動きを見ることで間接的に今後を予測することが出来るということです。

きわどいことを言ってしまえば、インサイダー取引が発生している局面さえもインサイダーに当たらず有利な動きに追従することが出来るということになります。

テクニカル分析を用いる期間

さて、短期的といっても時間に対する感覚は主観的なものです。この記事で言う「短期」の具体的な期間を説明しておくべきですね。

株の売買における期間には、ミリ秒から何十年という単位までの幅があります。テクニカル分析は購入から1年間までを目安に考えるべきでしょう。

中長期的にはファンダメンタル分析

テクニカル分析の弱点

年単位という期間で投資を行う場合、テクニカル分析は避けるべきです。

いくらチャートから読み取れるものが多いとは言っても、1年を超える単位となれば様々な要因が株価に影響してくることとなり、予測に対するノイズが多くなりすぎてしまいます。

ファンダメンタル分析の強み

原則として株価に企業のファンダメンタルが既に織り込まれていることは事実であり、それが理由で短期的に推奨されません。しかし長期的には事情が異なります。

というのも短期的であればあるほど機関投資家に対して普通の個人投資家は情報の鮮度という不利がありますが、長期的になればなるほどその不利は希釈されていくためです。

本質として企業からのリターンは、その企業の事業から生み出されます。そのため、事業に対する過去の実績と状況からリスクとリターンを予測するファンダメンタル分析が個人投資家にとっても有効となっていくのです。

関連記事

創業100年に届こうかという軍事分野の企業です。

レイセオン(RTN):世界一のミサイル軍需企業

自分で分析せずにAIに任せるという考え方もあります。

「WealthNavi」の運用成績(2017年9月-2018年7月)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-投資への考え


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事