米国株の取引市場、NYSEやNasdaqの特徴

投稿日:

アメリカの取引市場を調べてみた

普段、私はあまり自分がチェックしている銘柄がどこの市場に上場しているかという部分は気にしていません。本当は知っておいたほうが良いのかもしれません。

なので簡単にアメリカの市場の概要を調べてみた結果をまとめておきます。

NYSE – ニューヨーク証券取引所

アメリカで最も、というよりも世界で最も規模の大きい証券取引所です。

NYSEは New York Stock Exchangeの略称であり「ナイス」と読みます。ニセだと思っていました。世界一上場審査が厳しい取引所と言われており、約2,300社が上場しています。

その格式高さは、アメリカを代表する株式指数であるダウ平均株価を構成する銘柄の殆どがNYSEに上場する銘柄であることからも分かりますね。

NASDAQ – ナスダック

新興企業を対象とした世界最大の市場で、 National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの略称です。

新興企業、つまりベンチャー企業を対象とした市場であることもあって、銘柄にはハイテク企業が名を連ねています。日本で言えばマザーズが同じ系統の市場となります。

ナスダックというのは3種類の市場をまとめた呼び方で、それぞれ特徴があります。3市場を合計して約3,000社が上場しています。

NasdaqCM

Capital Marketの略称で、以前はSmall Capと呼ばれていました。

資本拡大を求める拡大中の比較的に若い企業が上場しています。

NasdaqGM

Global Marketの略称で、以前はMid Capと呼ばれていました。

国際的に優良と判断された企業が上場しています。

NasdaqGS

Global Select Marketの略称で、以前はLarge Capと呼ばれていました。

ナスダックの中では最も上場審査が厳しい市場で、NasdaqGMの中でも厳選された企業がここに上場することになります。

NYSE Arca – NYSEアーカ取引所

ETFやETNなどの株式以外の商品に注力した取引所です。

元々はアーキペラゴ取引所(Archipelago)として知られていましたが、2006年からNYSE傘下となり名称が変わりました。

アメリカの主要市場は3種類

さて、この記事ではNYSEとNasdaqとNYSE Arcaの3つの市場を紹介しました。この3つ以外にもアメリカには取引所は存在するのですが、ほとんどの取引はここに集中しています。

なので一般的なアメリカ株投資として知っておくべき市場は以上となります。

調べてみた結果の結論としてですが、これからも私は各銘柄の上場市場を意識することは無いと思います。日本の東証とは違い、どの市場でも世界的な企業が君臨しており意識したことでパフォーマンスが変わるとは思えなかったためです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-投資への考え


コメントを残す

関連記事