Damonge Tech

気になった話をする。

WordPressでユーザープロフィールを簡単に表示する方法、複数人や権限など条件指定も豊富な「Author Avatars List」

2016/05/04

「特定のユーザープロフィールを手軽に表示したい」

WordPressでブログを運営しているとき、たとえばサイドバーにブログの代表者のプロフィールを表示したり、複数のライターを抱えるブログならそのリストを表示したいと思ったことはないでしょうか。

もちろんPHPのコードを書くことでリストを表示することはできますが、望む出力をするように一から書くのは結構めんどくさいものです。

そんな時にオススメしたいのがプラグイン「Author Avatars List」です。ウィジェットとして簡単にユーザープロフィールの表示を行ってくれるんです。その使い方を紹介します。

Author Avatars Listの使い方

プラグインをインストール

まずはWordPressにプラグインをインストールしましょう。

インストール手順
管理画面 > プラグイン > 新規追加 > "Author Avatars List"で検索

インストールを完了したら有効化するのを忘れずにしておいてください。

ウィジェットとしてユーザープロフィールを表示

今回はサイドバーにウィジェットを追加してユーザープロフィールを表示してみます。

ウィジェット追加手順
管理画面 > 外観 > ウィジェット > "Author Avatars"を追加

実はたったこれだけでブログの管理者と編集者のリストが表示されるようになっています。

次に表示する条件や表示する内容の設定方法を紹介します。

ウィジェットの設定方法

2016-01-06_233623

Basic

Title:
ウィジェットの上部に表示する文章

Show roles:
表示する対象となるユーザーの権限

  • Administrator: 管理者
  • Editor: 編集者
  • Author: 投稿者
  • Contributor: 寄稿者
  • Subscriber: 購読者
  • Commentators:

Link users to:
表示されたユーザーのリンク先

Display options:
アバターのほかに表示する項目

  • Show name: 名前(ブログでの表示名)
  • Show email: メールアドレス
  • Show biography: プロフィール情報
  • Show number of posts: 投稿数
  • Show link to authors last post: 最新の投稿

Avatar Size:
アバターのサイズ

Advanced

Sorting order:
並び替えのキーとなる要素

Sorting direction:
昇順か降順か

Max. number of avatars shown:
最大表示数

Trim Bio Length to XX characters:
表示するプロフィール情報の文字数を制限

Required minimum number of posts:
表示対象となる最低投稿数

Hidden users:
表示したくないユーザーをログインIDで指定

表示例

2016-01-07_004645

最後に

いかがだったでしょうか。

細かい調整やHTMLタグの出力方法などは、さすがにPHPを自分で書くよりも自由度は劣ってしまいますが、ちょっとサイドバーに自分のプロフィールを表示する程度の目的ならば十分かと思います。

一人だけを表示するならまだしも、複数人を表示するためのコードを書くのはなかなか骨が折れますからね。

もしこの紹介が参考になれば幸いです。

-WordPress