ROEの追求が投資家にも社会にも必要な理由

ROEが果たす役割を知っているか

「村上ファンド」で知られる村上世彰氏の著書『生涯投資家』は、もしかしたら投資家であろうとする全ての人が読むべき一冊かもしれません。同氏が投資家を志したきっかけ、村上ファンドを通じて行いたかったコーポレート・ガバナンスの浸透などが語られています。

この書籍の中で、投資の際の重要指標の一つとされる「ROE」(投下資本利益率)に対する考え方が素晴らしいと思ったので紹介します。この考え方に触れるまで、浅学ながら私はROEの追求がどう社会に貢献するのかを理解できていませんでした。

前提知識として、ROEは当期純利益/純資産で算出される値です。企業が投資された資金をどれだけ有効に使い利益を生んだかを表します。これを向上させるためには当期純利益を上げるか、純資産を減らすかしかありません。純資産の減らし方としては自社株買いや配当による還元があります。

ROEを軽視する企業への批判

コーポレート・ガバナンスを理解しない古い経営者は、会社を自分の家計と勘違いしている。だから借金を嫌い、現金に余裕があれば安心する。(中略)自分が会社にいるあと数年の間だけ、事業環境が悪化しても潰れずに生き残ることだけに重きをおいているように見える。

村上世彰氏の著書『生涯投資家

ROEを追求しない企業の何が問題でしょうか。

必要以上の内部留保、特に日本では内部留保の半分が現預金とされています。これについて、経営に必要な現金を除いた余剰金が有効活用されずに溜め込まれている状態がROEの低い状態となります。成長を求めて投資に回すか、その選択肢が取れないならば投資家に還元しなければなりません。

これらを行わないのがROEを追求せず、貯め込むばかりの企業です。

企業が投資された資金を有効に活用して成長を果たし、頭打ちとなった時は投資家へ還元し、投資家は成長のための資金を求める別の企業へ投資する。こうして経済は活性化して循環しますが、ROEを追求しない企業はこの流れを阻害し、社会全体へ悪影響を及ぼすため批判されるのです。

このことからROEの追求は単に投資家への利益還元を求めるという意味にとどまらず、結果的に社会全体への貢献に繋がっていることになります。

生涯投資家』 – 村上世彰