世界の軍事力の比較(上位3国+日本):2019年

資本財と密接な軍事力

ゼネラル・ダイナミクス(GD)やロッキード・マーティン(LMT)といった資本財銘柄は、軍隊と切っても切れない関連性があります。その年度の国防総省の予算計画によって業績も左右されるためです。

軍隊とは力であり抑止力ですので、アメリカの銘柄だからといってアメリカの軍隊だけを見ていれば良いわけではありません。ぱっと思いつくところではロシアや中国が世界的に強大な軍隊を保有すると言われています。

2019年の軍事力ランキングを見ると1位はアメリカ、2位はロシア、3位は中国、4位はインド、5位はフランス、6位は日本、7位は韓国、8位はイギリス、9位はトルコ、10位はドイツとなっています。

この記事では上位3国と日本の保有する軍事資産数を比較してみました。

各国軍隊の概要

アメリカ

陸軍、海軍(海兵隊を含む)、空軍、沿岸警備隊が存在します。

志願制であり兵役はありません。

ロシア

陸軍、海軍、空軍、空挺軍、戦略ロケット軍、航空宇宙防衛軍が存在します。

1年間の兵役義務と志願制があります。

中国

陸軍、海軍(陸戦隊、航空隊を含む)、空軍(空降兵を含む)、ロケット軍、武装警察部隊が存在します。

2年間の兵役義務と志願制があります。

日本

陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊が存在します。

志願制であり兵役はなく、階級により53歳〜60歳に定年がある。

各国の保有数比較

予算

アメリカロシア中国日本
軍事予算6,110億$663億$2,280億$461億$
GDP比3.1%4.3%1.9%1%

人的資源

アメリカロシア中国日本
現役1,281,900771,0002,300,000247,150
予備役811,0002,000,0008,000,00056,100
動員可能数73,270,04334,765,736385,821,10127,301,443

陸軍力

アメリカロシア中国日本
戦車6,39320,0507,760686
AFV41,76027,3356,0002,905
大砲3,26914,5579,7261,179
自走砲9505,9551,710226
ロケット砲1,1974,0321,77099

AFVには歩兵戦闘車両/対戦車車両/装甲兵員輸送車/伏撃防護車両/水陸両用車両/偵察車両を含む。大砲には牽引砲/自走砲/ロケット砲を含む。

空軍力

アメリカロシア中国日本
全機種12,3044,4414,1821,654
戦闘機4577511,150154
マルチロール機2,192526629134
攻撃機5877832700
ヘリコプター4,8891,5051,170719

全機種には該当国内の軍用機/ヘリコプターを含み、貨物輸送用と訓練機を含み、ドローンは含まない。攻撃機には対地攻撃機/戦略爆撃機を含む。

海軍力

アメリカロシア中国日本
全艦種437314780129
空母20124
駆逐艦85183638
フリゲート010540
コルベット083426
潜水艦71597617

全艦種には該当国内の軍用船/補助艦艇を含む。空母にはヘリコプター空母を含む。駆逐艦には戦艦/巡洋艦を含む。

最後に

記載はあくまでも分類上の資産数であり、その数字の多寡が戦力の優劣を必ずしも意味していません。例えば仮に第二次世界大戦期の車両が現在も運用されていても、最新の車両と同じく1として計上されているためです。

今回データはArmedForces.euを参考にしました。こちらでは各分類の詳しい機種名などが記載されています。