アニメ声アナウンスのAVIOT製イヤホンを買う際の助言

AVIOTのイヤホンに満足!

もはや有線LANがボトルネックとなる時代、イヤホンもフルワイヤレスが普通の時代となりましたね。(念の為に書くと回線速度と音質の話は別物です)

以前使っていたイヤホンはPasonomiのTWS-X9というBluetoothイヤホンでした。価格は6千円程度で使用していた当時は満足していましたが、上位価格帯を使うようになってからは値段相応でしたね。もうこのレベルの製品には戻れないです。

今使用しているのはAVIOTのTE-D01dという同じくBluetoothイヤホンです。価格は約1万円程度です。どの音域が良いとか悪いとかいう感想はAmazonなりのレビューを参考にしてください。自分は音質に関して「いいね!」とは思っても、何故そう思ったのかがわからないので。

さてTE-D01dの使用感にについてですが、良いです。渋谷のスクランブル交差点を歩いても、新宿駅に降り立っても品川の駅ビルを歩いても途切れることがありませんでした。iPhone 7 Plusに接続していましたが、以前のイヤホンは瞬断が毎回発生していて少しだけ不満でした。

使用感についても細かいことはどこか別のレビューを見てください。今回話したいのは今からAVIOTのイヤホンを買うならという観点で、後継機のTE-D01gの方が良いんじゃないだろうかという提案です。

しかし今から買うならアドバイスをしたい

TE-D01dと後継のTE-D01gの差といえば、一番大きいのは価格差でしょうか。2,000円ほど後継であるTE-D01gの方が安いです。その分で搭載しているチップがやや安価となっているようですが、音質的に差が出ると言えるほどではないようです。

ではなぜ私は高いだけとも言える旧型のTE-D01dを購入したのでしょう。

答えは日本語アナウンスに声優の伊藤あすかさんが起用されていたからです。

伊藤あすかさんはゲーム『アズールレーン』でハムマンなどのボイスを担当している声優です。今まで使っていたイヤホンは英語音声のみだったので「ハムマンの萌え声で話しかけてくれるイヤホン!!!」という一点で旧型を購入しました。

TE-D01dは伊藤あすかさんが声優を担当していますが、TE-D01gでは調べた限りで特に声優の起用をアピール点としていないようでした。なので実質この価格差はハムマンかハムマンでないかということになりますね。

音声アナウンスを聞く機会は少ないぞ

購入してからしばらく経ったので、私のハムマンライフが順調かを報告します。

順調じゃないです。

ハムマンのアナウンスに不満はないですが、イヤホンに日本語アナウンスがついたからといって、イヤホンの本分は音楽を再生することであって、アナウンスを流し続けることじゃないんですよね。知ってました?私は忘れていました。

私がイヤホンを使っている中で、通常意識せずに聞くことができるのは起動時の「電源オン」とスマホに繋がる際の「接続しました」くらいなものです。大多数の人は同じくらいの頻度でしか聞けないでしょう。

つまるところ、2,000円という価格差でイヤホンを装着した際に2回聞こえるハムマンのボイスに満足できるかという点が、新型TE-D01gに対して旧型TE-D01dをわざわざ選ぶメリットということになりますね。

イヤホンは毎日使うものでもあるので、日々のハムマン代として考えれば驚くほどに安くなるとは思いますが、この部分をよく検討してから購入することをおすすめします。2,000円で遊んでみたいという人には普通におすすめですよ。