トレード:LYFTを追加購入

2019年10月3日

人はそれをナンピンと言います。

先月9月にLyftを購入しましたが、買値よりもだいぶ下がっているため追加購入を行いました。今回の取引はLyftを38.35ドルで購入しています。

Lyftを初購入した際にも書きましたが、現状で赤字のテクノロジー系のグロース株であり安定性という意味では全く安定していない業績の企業ですのでポジション総量は低めに抑えています。今回の購入でも5%程度に収まるように考えています。

ティッカー名称取得単価現在単価損益率
BKNGブッキング・ホールディングス1808.751949.17.76%
GDゼネラル・ダイナミクス168.62174.173.29%
JPMJPモルガン・チェース99.69112.4412.79%
PEPペプシコ103.15137.5333.33%
RTNレイセオン194.95192.49-1.26%
GOOGLアルファベット1121.171181.015.46%
KHCクラフト・ハインツ81.2526.41-67.50%
LYFTリフト49.1538.66-21.34%
VTIトータルストックマーケットETF134.6146.668.96%
VYM米国高配当株式ETF81.8986.025.04%

振り返り

アメリカの製造業の重要指数であるISM指数が不景気の分水嶺となる50を連続して割り込み、ついにアメリカも景気後退となるかと騒がれています。当然投資家心理は悪化していますね。トランプ疑惑(バイデン疑惑)もありアメリカ株の動きも予想がしにくくなっています。

個人的な話となりますが、先月日本株のスクエニを購入しましたが、ドラクエウォークで上がる前に売却してしまいました。そして一旦上がりすぎと判断して更に売りまで行った結果、利益どころか損失を出してしまいました。

幸い、損切りはうまくできたため損失額は限定的なのですが、結構トレードの下手さに精神的には落ち込みます。やはり短期的な売買はせずに、じっくり長期投資が一番いいですね。

そういうわけでサムネイルは泣きそうな女性の写真を使用しています。

持ち株

Posted by もん