ドライバーレス時代の発展が人の感情に阻まれるリスク

ドライバーレス時代がさらに目前になった。

技術系ウェブメディアのTechCrunchは、Google傘下の自動運転テクノロジー会社Waymoのドライバーレス車両の体験レポート記事を公開しています。これはドライバーレス配車サービスの到来が目前であることを意味しています。

ドライバーレス配車サービスはWaymoのAlphabetはもちろん、LyftやUberなどの新興企業も取り組んでおり、未来の大市場開拓に血肉を注いでいるまさにムーンショットの領域です。

私自身もこの分野には期待しており、AlphabetとLyftに投資しています。

このような技術的発展が見える記事を見て、投資していてよかったと思う気持ちがあります。しかし同時に本格的にドライバーレスの時代が訪れる際に直面するだろうリスクに、気が早いかもしれませんが悩みも持っています。

統計と感情が未来を狭めるリスク

ドライバーレスの時代が訪れる時に障害となるのは「それが安全かどうか」でしょう。それがすべてと言っても過言ではないはずです。実際にドライバーレスに対するネガティブなニュースを見れば、Uberの自動運転実験中の事故など安全性に対するものばかりが見つかります。

ただ、コンピューターの演算能力が飛躍を続けることが確定している中で、いずれは人が運転するよりも機械が運転する方が安全となることは分かり切った未来です。しかし、そうした未来が数字として表れるようになったとしても、ドライバーレスが世の中に受け入れられるとは限りません。

人は感情でも判断を行う生き物です。

確率上「絶対の安全」はあり得ないことは数学的に自明です。このことは「ドライバーレスでなければ防げたかもしれない」という意見を完全には排除しきれないことを示唆しています。

「ドライバーレスは事故を起こすことはあるが、従来の有人運転よりも事故率は低い」ことが統計上明らかになったとしても、そのドライバーレスがもたらす事故を容認できるかどうかの議論が発生するでしょう。

それが私の考えているリスクです。