配当性向と現金配当性向、2つの同じようで異なる指標

配当安全性は、現金配当性向がより現実的?

配当の持続可能性を探るための指標値を紹介

配当を行っている銘柄では、その配当が持続可能かどうかという観点が株価に大きく影響を与えています。

インカムゲインを狙うにせよキャピタルゲインを狙うにせよ、将来的なリターンに大きく関わる以上、配当停止や減配に対しては敏感に察知できるようにしておきたいものです。

以前、フリーCF配当性向が有用だとの意見を投稿しました。

今回はそれぞれの指標値が、どのような考えに基づいているものなのかを少しだけ掘り下げて書きまとめておきます。

配当性向

配当性向は、私たち一般の投資家に最もなじみのある配当関連の指標値です。どのような指標値を扱う場面でも、間違いなく見つけ出すことのできる指標値と言っても過言ではありません。

この配当性向があらわしているものは、企業の会計上の利益に対して配当の形式で株主に還元された割合を示しています。

ここで他の指標値に対して気に留めておくべきことは、配当性向は「会計上の利益」にフォーカスしていることです。

高い配当性向が続く企業は一般的に成熟企業とされています。事業へ投資し将来的なリターンを増大させるための余地が少ない立ち位置にいると予想されるためです。配当を出さずに事業投資へ回した方が株主への還元が大きくなると企業が考える場合、配当性向は低くなります。

理想的な状況で言えば、配当性向が低く配当利回りの高い企業を見つけたいところです。

配当性向の算出方法

配当性向 = 配当総額 / 当期純利益

もしくは

配当性向 = 1株当たり配当 / EPS

現金配当性向

現金配当性向は、配当性向に対してより「実際に配当を支払う能力」にフォーカスしていることが特徴です。

配当性向では会計上の利益を主体としていましたが、現金配当性向ではその名の通り現金に着目しているということです。

実際に配当として支払われるのはモノではなく現金の形をとるため、現金配当性向は企業が配当支払いのための現金を保有しているかどうかに着目した指標値と言えます。

純利益ではなくキャッシュフローを用いるため、比較的会計上のごまかしがききにくいです。

現金配当性向の算出方法

現金配当性向 = 普通株式配当総額 / (フリーCF – 優先株式配当総額)

もしくは

現金配当性向 = 1株当たり配当 / 1株当たりフリーCF

配当は企業が事業継続のために必要な支出をすべて行った余力の中で行われるため、上記の計算ではより企業が当期で得た現金に対して配当に回した割合が可視化されることになります。

後者の算出方法は、前者に対して優先株式への配当の影響を無視する代わりに算出を簡易にしています。優先株式が存在しないか無視できる程度の金額である場合、後者で代替可能ではないでしょうか。