お門違いな被害宣言は恥ずかしい

【拡散希望】○○に記事を無断転載されています. お手すきの方は通報にご協力下さい

とある日のTwitterのタイムラインに上記のようなツイートが流れてきました。どうやら自分のツイートがどこかにまとめられて記事にされたのが頭にきているようです。

これを見たときの感想は「はぁ?何言っちゃってんの?」です。

Twitterでは時折、公開アカウントでツイート投稿を繰り返すくせに外部への引用などを嫌う一派がいることに気が付かされます。このような人たちがどのような思考回路かはともかく、ツイートを引用されて怒っているのは全くのお門違いな怒りだと言えます。

どういった点がお門違いか簡単に解説します。

Twitterは転載を認めている

まず、Twitterを利用して行った投稿に対する引用(転載)についてはTwitter社が認めています。

Twitterの利用規約には「ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります」と明記されており、投稿を行った瞬間から投稿を引用されることに対して許諾しているとみなされます。

知らなかったですか?なら、利用規約を読むまで利用を控えましょう。

Twitterは利用規約によって、投稿者本人以外であってもTwitterが提供するサービス、例えばツイート埋込機能などを介しての転載について認めており、全ての利用者はこの利用規約を承諾していることが利用条件となっています。

つまり自分のツイートがたとえ嫌いな人やウェブサイトによって行われていたとしても、それがTwitterのサービスを介して行われているならば文句を言う権利は無いということになります。承諾しているのだから当然ですよね。

著作権的にも問題ない

Twitterのルール上問題ないことが理解できたはずですが、お怒りの方には不幸ですが著作権法的にも引用は全く問題がありません

公益社団法人著作権情報センターが公開しているQ&Aを例に説明しますと、まず著作権法は何でもかんでも権利者を保護するものではなくて、著作物を一定の条件に合致していれば自由に利用可能であると定めています。

「私的使用のための複製」などが有名ですが、「引用」についても著作権を侵害しないと定められています。(著作権法第32条)

つまりお怒りの方が何をしているかというと、サービス利用規約と法律の両方から認められた行為に対して文句を言っているということです。これがお門違いと言わずに何を言うのかということが理解いただけたでしょうか。

通報の呼びかけは名誉毀損などリスクも

ただ文句をぶつくさ言っているだけなら「よく分かってないでサービスを利用したりしちゃう人なんだな」で済みますが、もし仮に「勝手に転載していて悪い奴だ!」などと騒いで通報を呼びかけてしまったら、最悪の場合は名誉毀損などで逆にトラブルを起こす側となる可能性があります。

何ら問題ない方法でサービスを利用している人に向かって、勝手に権利を侵害していると世間に主張していることになるのですから、どちらが悪者となるのかは一目瞭然です。

Twitter使うのをやめたほうが良い

「情報は発信したいが○○には見られたくない」なんて考え方をしたいのであれば、Twitterのようなオープンなサービスの利用を一切やめるべきです。Twitterに限らず引用行為は正当な権利ですから、誰にも引用されたくないのなら情報発信をやめましょう。

あなたが行っていることは、渋谷のハチ公前で拡声器を使って会話しているようなものだと理解しましょう。そのようなことをしておきながら、特定の誰かには聞かれたくなかったと騒いだところで、客観的に見ておかしいのは拡声器で私的な会話をしているあなたです。

怒っても良いパターンもある

当初想定よりも記事が拡散したことで、内容をよく読まれないままに「Twitterならどのような方法でも転載していい」といった免罪符として本記事が振りかざされるケースが発生しているようです。迷惑を被った方はごめんなさい。

簡潔に、無断転載されたと怒っていいパターンを記載します。

  • ツイート埋込機能などTwitterが提供するサービスを利用しない転載は不可。
  • 法律上の引用の定義を満たさない転載は不可。

転載について「お門違いな怒り」と「怒っていい」の2種類があると記事内で触れました。もう少しどういうことなのか掘り下げて説明しています。

40 のコメント

  1. ん…?すみません、理解力が足りないので質問させていただきます。
    貴方様の言う”無断転載”というのはあくまで”引用”の話ですか?
    例えば他人が投稿したもの(自撮りや絵など)を無断でツイートし、あたかも自分のものかのように振る舞うのはさすがにいけませんよね…?
    もしかしてそれも許諾されているのでしょうか…

    匿名
    1. コメントありがとうございます。
      記事中では一貫して「Twitterが認めるやり方での引用・転載は可」としています。

      なので、他人の投稿した自撮りなどを自分で再投稿して自分だと主張したりすることは行ってはいけません。これはTwitterのルールはもちろん法律にも違反している行為です。

      反対に、他人の投稿自体をウェブサイトに埋め込む機能などを用いて紹介することはTwitterが認める機能のため、許された利用方法の範疇となります。例えばRTやコメント付RTなどもこれに含まれます。利用規約により事前に許諾しているため、投稿者に許可を得る必要もありません。

      疑問は解消されたでしょうか。

      1. 返信遅れてすみません…
        さすがに自作発言は許諾されていませんよね。よく考えれば当たり前の事ですが、安心しました!
        丁寧に説明してくださりありがとうございます
        新しい版の方も見させていただきました。
        Twitter民が見落としがちな契約内容をまとめていただき、感謝致します

        匿名
  2. 法律云々は詳しくないけど、著作権法の
    著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定められています。
    っていうのには該当しないからじゃんじゃん無断転載okで、Twitter社は独自規約設けてるからこれを回避できるってことでいいんです?

    匿名
    1. 罰金や罰則の話は分かりかねますが、著作権法から見ると引用は正式に認められた権利です。なので引用の定義に則った用いられ方をしている限りは著作権侵害を侵害したことにはなりません。
      そしてTwitterというサービスの利用規約から見ても、Twitterが提供している埋め込みツイートなどの機能を用いて自身の投稿が外部に利用される可能性は事前に通知されており、それに同意したユーザーのみがTwitterを利用することが出来ます。
      優先度としては法律が優先されますが、今回の場合は法律も利用規約もどちらもがツイートの引用を認めているため、問題はないという主張です。

    1. コメントありがとう!

      誰かのTwitterへの投稿を、他の掲示板に転載するという行為についての質問でしょうか?

      Twitterが公式に提供している埋め込み機能を用いていれば基本的に問題は無いはずですが、仮にそうでない場合であったとしても、日本の法律の範囲で引用の基準を満たしていれば何らかの権利を侵害していることにはならないでしょう。

      反対に、ただ単に丸々文章をコピペして貼るだけや、元投稿の内容を自身がオリジナルであるかのように主張することには著作権の観点から問題があるかと思います。

  3. 無断転載で利益の得ている側と無断転載された側は一生分かり合えないでしょうね
    無断転載側が規約を盾にして自分の利益を優先し無断転載された側の気持ちを軽視し続ける限り、管理人と同じ考え方の人間が無断転載された側を食い物にする現状は変わらないんだとこの記事を見て痛感しました

    匿名
  4. パクリを嫌うのは日本人の風習で
    他国から得た知識を応用して商業を行う
    自分らをよそ目に。

    引用や転載が法的にもマナー的にもおかしくないことはこの記事にて理解しました。

    ただ一つ言えることはあたかも自分が起こした出来事かのようにツイッター上で転載し振る舞い、それを知った時に「こいつは嘘つきだ」と感じた時の感覚は紛れもなく不快感だということぐらいですかね。

    匿名
  5. この記事を読んで違和感が分かりました(笑)

    Twitterは情報元がしっかりしてれば転載や埋め込みOKだから勝手に使用しても著作権には引っかからないという話ですが、

    私としては「どんな記事か知りたいんじゃー!!」という他人からの評価を見てみたい人もいるので、根本的に話が噛み合いません。

    相手に一言も言わないで転載や埋め込みされても普通に検索してもヒットしないんですよ。
    そもそも何を転載されたか埋め込みされたか把握出来ていないと検索出来ないわけで、ちょっと卑怯かなと(笑)

    ただひとによっては、その感情の幅がありますよね。
    なんかの偶然で発見出来た時に、たくさんのイイネや絶賛のコメントがあったとしても、それは見つけてくれた人に対する評価であって、
    著作者に対しての評価ではないと思いました。

    だって知らないから(笑)

    感情論になりますが、【著作者は知らない場所での評価におこだよ】と【Twitterで認められているから著作者が把握出来ないところでも使用できるんです】は議論したところで無意味かと。

    つかさ
    1. コメントありがとう!

      この記事やTwitterの規約を読んでも趣旨が理解されなかったようで非常に残念です。Twitterの機能を用いた転載は初めから正当な権利ですので誤解なきよう。

      ちなみに「さっさと史ね」など、わざと漢字を誤変換することで直接的な表現を避けているような配慮が見受けられますが、意図している内容が伝わっていれば脅迫として逮捕へつながった事例があるようなので、他の場所ではそういった挑戦的な文言は慎むことをお勧めします。

      最後に付け足しとなりますが、人間だれしも利用規約を十分に理解しないままサービスを利用することはあるものです。しかしながらそれを指摘されて見下されたと感じてしまうのはあまりに浅慮では?

  6. こんにちは。内容に問題はありませんが、「著作権としても問題ない」に書く内容は今回の話と全く関係ないので適切ではないと思います。

    今回の話は転載の問題なので、「貴方が転載してもいいと許諾したのだから転載したのだよ」との内容は著作権法から見た場合どうなのかと言う法的根拠を書く方が正しいと思います。引用として他人の著作物を利用するなら引用条件を満たす必要がありますが、ツイッターの転載は別に満たす必要がありませんから。

    匿名
    1. コメントありがとう。

      指摘の章についての論旨は「無断転載・無断引用をされたと文句を言う場合に対する『引用』の権利」について語りたい思いで書いています。

      そもそもとして「無断転載」や「無断引用」という言葉は同じ意味で用いられている気が個人的にはかなりあります。
      そういった場合において引用という行動自体が本来悪いものであるかのように考えられているのではないか、という考えが自分の中にありました。

      なので、この章にて引用自体は法的に認められた権利であるということを触れ、「無断引用は悪ではない」としているものです。

      この記事はTwitterに書いたことに対する「無断転載」や「無断引用」に対するあれこれを扱っているつもりなので、匿名さんが指摘する内容と引用に関する内容が混ざっている、という結論になるかと思います。
      ご納得いただけると嬉しいです。

  7. こんにちは、記事読ませていただきました。
    この記事の内容を勘違いして捉えた人が「パクツイok!」とする理由としてこの記事のスクショを載せていました。
    そこで確認したいのですが、あくまでTwitterの機能を利用した引用または引用元を明記した転載ならokということですよね?
    引用元を明記せずあたかも自分が作ったもしくは考えたかのようなツイートをすることはダメですよね?

    匿名
    1. こんにちは匿名さん!細々とやっているブログへコメントありがとう。
      まず伝えておくと【パクツイは駄目】です。

      整理しておくとTwitterが認めているのは「埋め込み機能を使った転載」です。主にまとめブログなどで、取り上げたいTwitterの投稿を紹介する際に使うアレです。

      また、日本の法律が認めているのは「引用」です。詳しい法律の話は調べたらたくさん出てくるのですが、Twitterのサービスを用いない方法でも権利者(投稿主)の意向に関わらず、公の場で公開状態にあるものは引用の定義を満たしている限り正当な権利として認められています。

      引用には引用元の明示が必須ですので「引用元を明記せずあたかも自分が作ったもしくは考えたかのようなツイートをすること」は上記のどちらにも該当せず、アウトです。

      被害などを計測することが難しいことから、実際に訴訟などにまで発展することは稀だと思いますが、大部分のパクツイは著作権などに抵触しているのではないでしょうか。本気で悩んでいるのならば弁護士に相談することをお勧めします。最近は初回無料で相談に乗ってくれるところもありますし。

      1. 返信ありがとうございます。
        「パクツイは駄目」とはっきりわかってよかったです。
        いちいち注意したところでパクツイがなくなることは無いのが悲しいですがリプで詭弁を吐いてくるような輩には自信を持って言い返せそうです

        匿名
    1. 僕はマナー的にも法的にも問題ないと思っています。
      理由としては「使ってほしくない」と騒ぐこと自体がマナー違反だからです。

      Twitterを利用してその投稿を一般公開で用いている以上、それは誰か特定の人だけではなくその他大勢に見られることを想定した投稿であるべきですし、大多数の利用者はそう考えています。

      そういった場であるTwitterにて、いきなり使ってほしくないなどと言い始めることは単なるマイルールの押し付けです。マナーを叫ぶのであれば、まずは自らの投稿の公開範囲を見直してからでも遅くないはずです。

    2. ITの知識が無い方に説明する場合、一番わかりやすい概念として

      1.Twitterという場所は「リツイートする前にわざわざ本人に確認をとる必要がないサービス」だということ。

      2.「Twitterの正式な埋め込み方法でブログに引用した場合、リツイートと同じ扱い」になるので許可をとる必要がない。

      この2点を説明すると、マナー違反だと勘違いしてる人も理解しやすいです。

      匿名
  8. 上記の匿名です。
    連投失礼いたします。

    僭越ながら私の思いも付け加えさせていただけるなら、著名人でもない一般の方々の、今日なにしたとか、何を思うといった類のツイートに、なぜ営利目的の企業が巨額を投じて広く消費者に無料で使わせているのか、それを理解できない人がいかに多いかを感じます。

    埋め込みタグなどで他社が情報を拾える場になれば、ただの一般人の日常や感想の羅列にも経済的価値が生まれましょう。あなたのつぶやきに何の価値があると思って企業が無料で使わせていると思っているのでしょうかと言い返したいのですが、日ごろはガマンしています。

    もん様の記事で気持ちが晴れました。ありがとうございました。
    私の考えで間違っているところがありましたら、ご指摘くだされば幸いです。

    匿名
    1. ありがとうございます。

      個人的には削除対応も特に応じる必要はないんじゃないかなとも思いますが、そこはサイトごとのスタンスの違いでしょうね。記事内での重要度に合わせて引用と使い分けると万全の防備になるのではないでしょうか。

      ただ「あなたのつぶやきに何の価値がある」はもちろん直接言わないと思いますが、きっと相手が憤慨すると思うので頑張って隠しましょう笑 このコメント欄が発散になったのなら設置した甲斐があったかな・・・。

  9. はじめまして。
    私ももん様と同じ見解を持っている者で、とあるサイトを運営しております。
    そこでツイッターのタグを埋め込むという正しい方法で複数のツイートを掲載していますが、たまに、「私のツイートを削除してください!掲載されているなんて知りませんでした(怒)」といったメールを頂戴します。

    内心は、対応すべき義務はないんだけどなぁと思いつつも、一応、平身低頭の返信をし、削除処理はしています。その方のアカウントを見ると、「勝手に載せてるやつがいるんだけど」みたいな文句を書かれていることもあります。

    この記事を読ませていただいて、共感しましたし心強く感じました。通りすがりですがコメント残さずにはいられませんでした。

    匿名
  10. 西野亮廣が明坂聡美のツイートをブログで引用したことに対して、明坂聡美が無断転載だと言っていたので調べていたらこのブログに辿り着きました。

    彼女は弁護士やサイバー警察に相談すると言っていましたが、どうやら勝てる見込みは薄いようですね…

    匿名
    1. >西野亮廣が明坂聡美のツイートをブログで引用した

      ちょっと現在どの記事にてそれを行ったのか確認できませんでしたが、たしか明坂さんのツイートをスクリーンショットでキャプチャしたものを掲載していたような記憶があります。

      この部分についてはTwitterの認める範囲外ですので、無断転載に該当すると思います。実際的な罪を問えるのかどうかは不明ですが。。。

      また、Twitter上にて引用RTを利用して明坂さんのコメントに対して反論をしていたみたいですが、その際には公式機能の引用RTを用いず、俗にいう非公式RTの形式で明坂さんの発言を部分的に改変していたようですね。

      改変によって明坂さんの伝えたかった部分を間違った形で、明坂さん自身が発言したかのように広められたのであれば、名誉棄損などが当てはまる余地がないか検証していくこともできるのではないでしょうか。

  11. 突然のコメント失礼します。
    お聞きしたいことがあるのですが、たまにTwitterやLINEで人のツイートをスクショして載せてる人がいるのですが、その場合はどうなるのでしょうか?名前伏せてたら大丈夫ーとかあるのでしょうか?

    匿名
    1. >人のツイートをスクショして載せてる人
      スクリーンショットに関してはTwitterの埋め込みサービスを利用しているわけではないので、純粋に法律で保証されている「引用の要件」を満たしているかどうかがポイントとなると思われます。

      要はそのスクリーンショットを付けた投稿がTwitterで行われたかどうかというのはほぼ無関係です。具体的な引用の要件はご自身で調べていただけると理解が早いかと思います。

      よく言われるポイントとしては、一般に広く公開された内容であるかどうか(鍵アカウントやLINEの個別メッセージなどは不可)、引用元がどこからか明示されていること、引用の内容がメインではなく自分の主張が投稿のメインであること、などがあります。

      全てを満たしている必要があり、どれかが欠けていた場合は引用ではなく盗用とみなされてしまう可能性があると考えています。

  12. 自分もブログを運営しているのですが、Twitterの引用の規約を知らない人の嫌がらせコメントが定期的に送られてきます。

    そうなるのは、Twitterの規約が多すぎて、理解できてないユーザーが多すぎる(Twitter側もわざとアカウント登録時にわかりにくくしている)のも原因だと思いました。

    なんせ、Twitterというツール事態、グレーゾーンですからねw

    ただ、ブロガーにとっては引用規約のゆるいTwitterはかなりありがたい存在だと感じています。

    匿名
  13. すこしお聞きしたいことがあります。
    あるまとめサイトに私のツイートが転載されていて、今現在アカウントを削除したのでないのですが、まとめサイトからそのツイートは自動的に消えるのでしょうか?

    yuriko
    1. まとめサイトに投稿を転載されたが、そのアカウントを削除したらどうなるか、ということでしょうか?結論としては自動的に消えることはありません。

      簡単にシステム的な話をすると、Twitterのサイト埋め込み機能を使うとまずあるタグをサイトに埋め込むのですが、そのタグが読み込まれた際にTwitterから、そのタグと紐づいた投稿情報を読み込むという処理が入ります。

      その処理の際に投稿情報が読み込めなかった(=削除されていた)場合、投稿者のアイコン画像や現在の名前などが読み込めないまま表示されることとなります。つまり、まとめサイトを閲覧した人からは元ツイートが削除されたことは分かりますが、何が書かれていたのかについては知ることができる状態となります。

      根本的にはまとめサイトに連絡し、その埋め込みタグごと削除を申請するのが一番となります。解決となったでしょうか。

  14. 法律の両方から完全に認められた行為と言い切る理由が分かりません
    引用については過去に最高裁判例が無制限の引用は認められないと判示しています
    これを、営業妨害と揶揄するのであれば、そちらの記事も当然引用し放題で何も文句言わないという意思表示ですよね?
    ちなみに、特許法等と異なり、著作権には過失推定規定がありませんので、著作者がこのような暗黙的な許諾をしている意志行為はそのまま認められるケースがあります

    匿名
    1. コメントありがとう!

      まずツイートの転載が問題ないとする根拠を説明します。
      今回の例で言うと、あるユーザーの投稿を「埋め込みツイート」を呼ばれるTwitterの公式機能を用いて、ブログ記事にて紹介していたことをユーザーが問題視したことが発端となっています。

      まずTwitterは埋め込みツイート機能など、他提供機能が他のユーザーにも提供されるということを明示し、それを了承したユーザーにのみサービスを利用することを認めています。

      この機能は特段分かりにくいものでもなく、多くの外部サイトなどでも頻繁に利用されている機能であるため、知らなかったということは通りにくいものだと感じています。

      さらに、Twitterではこの機能を無制限にどのユーザーでも使用してほしくない場合は、自身のツイートに鍵をかけることで、自らの許可したユーザーにしか自分の投稿を見せないよう範囲を指定することのできる機能を提供しています。

      この件で埋め込みツイートを利用したブログとしては、Twitterが提供しているサービスをそのまま利用した状態であり、何ら落ち度は認められず、Twitterを使ってツイートを行ったユーザーと同等の立場です。

      そして引用の定義に対する合法性としては、今回の例ではカメラのフラッシュ撮影が猫の視力に対して影響を与えるというネット上での主張に注目が集まっているという事実を広く周知するための一種の報道目的と解することができます。

      そしてその情報の出所を明示する際に、サービスとして提供されている埋め込みツイート機能を利用することは合理的な手段だと判断できます。

      上記から、この件については権利者が拒否する要件を満たしていないと考えられます。

      なお当ブログの記事を引用し放題というケースについては、まったく別の問題となってきますが、コメントでは差し控えます。特に大きく文句を言ったりはしないと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。